強化ガラス

強化ガラスバナー

iPhoneの画面を割らないためには予防が大切。
強化ガラス TEMPERED GLASSをお勧めします。
スペックは硬度9H、透過率95%以上、ラウンドエッジ加工、指紋防止加工・耐オイルコーティングの最高級レベルのガラスです。

貼り付けが苦手の方も安心!店頭購入のお客様限定で無料貼り付けサービスを実施中です。

◎対応機種
iPhone6、iPhone6 plus、iPhone5、iPhone5s、iPhone5c、iPhone5

強化ガラスを貼るメリットは?

そもそも強化ガラスを貼るってどういうこと?
iPhoneの液晶パネルにはもともと強化ガラスが使われていますが、その上に、衝撃を吸収、傷が付きにくく、透明度が高い、高品質強化ガラスを二重で貼ります。
つまり、画面むき出しのiPhoneフロントパネルと比較すると2倍の安心感があります。

強化ガラスの厚さ

「最強硬度9H」でも、ガラスが厚すぎるとiPhoneケースやバンパーが入らなくなります。 強化ガラスは、強度が高く、薄いほど高級スペックと言えます。エコロの強化ガラスは「最高強度9H」、「厚さ0.33mm」のごく薄で、しかも透過度95%以上の優れものです。

ラウンドエッジ加工ってなに?

ラウンドエッジ加工は、強化ガラスフィルムの端に丸みを持つように加工する技術です。 硬い強化ガラスの手触りをより手に馴染むようにしてくれる加工で主なメリットは以下の5つです。

手にした時にエッジの角が気にならず、握った時の触感をより滑らかにします。

落とした時の衝撃性を吸収し、和らげる効果が期待できます。

iPhone保護ケースやバンパーなどとの干渉を少なくし、スムーズな着脱を可能にします。

見た目にも、iPhone本体との一体感が生まれます。

万が一、割れてしまってもガラス片の飛散防止に効果的です。

最強の硬度9Hとは?

高級スペックの強化ガラスには、硬度8Hや9Hなどの表記を見ますが、これって何なんでしょう?
これは鉛筆の2BやH、HBなどと同じ「H」規格で、ガラス以外にも強度が必要とされる業界で使用されているJIS規格です。

※ JIS(日本工業規格)とは、日本の工業標準化の促進を目的とする工業標準化に基づき制定される国家規格です。

JIS規格の鉛筆を使ってひっかいてどの鉛筆まで傷が付かないかを試験し、その結果9Hの鉛筆でも大丈夫なガラスを用いて作成された強化ガラスこそが「硬度9H」を名乗ることができます。現在発売されている最高値の硬度は「9H」です。

店頭販売価格

iPhone 5 / 6シリーズ 一律2,000円(税別)
店頭購入のお客様限定で無料貼り付けサービス

【iphone修理・水没・バッテリー交換】東急東横線:横浜市港北区(大倉山/菊名/綱島/日吉 )・川崎市